2015年9月27日日曜日

不器用なぼくらの教室 東大・異才発掘プロジェクトは集団でやるべきなのか?




問題児達を東大に集めて、集団生活させようというのがロケットのプロジェクトです。

そもそも集団が苦手な人に、無理にロケットで集団に入れさせなくてもいいのではないかと思った。
特に映像制作してる子なんて、僕は凄いと思った。

別に一人で出来るんだから、わざわざ集団でなにかやらせようというのが日本らしいというか。
まぁ、集団生活が出来無いと社会でやっていけないのはわかるけどね。

なんか、十代の多感な時期に、「学校」という場で人生がすべて決まってしまうのもね。
「学校」が全てになっているから、自殺も増える。
日本には1億人も人間が居るんだから、学校に馴染めない人が居るのも当たり前であって


学習障害の子にノイズキャンセリングヘッドホンやタブレットを渡しただけで根本的な解決にはならないと思いました。

さらに東大の中邑先生は

「30年前ね。みんな精神病院って知ってるかな?当時は、閉鎖病棟ばかりで個室があった。
動物園のオリみたいなのがあって、真ん中にトイレ。ある人は壁にガンガンって血を流してる。
どこにでもうんちをする。手でこねる、食べる。
この人大人しいってなる、ボンッてなる怪我をする。
学生を実習させてました。先生あの人生きてる。食事の時に手を叩いた。生きてるってのがいかに大事かという話。」

多少、意訳あり。


昔はそうだったろうけど、今は良い薬ができたから、こんなに重篤にはならないと思う。

僕もどっちかというとロケットのメンツに入っててもおかしくない感じなので、
まぁ頑張ってほしいです。でも頑張りすぎないで適当にやるのが一番ですよ。

僕はデイケアという大人の幼稚園みたいな所に行ってるんですが、僕の考えは複雑です。
良いところは昼と夕飯が食えるから楽でとても助かる。人と話せること。あぶれ者の居場所ですね。

僕も十代の頃からデイケアに通ってるんで…ロケットのメンバーもロケット卒業後デイケアに来るべき。
といっても統合失調症と躁、うつの人が多いけどね…

でも毎日デイケアに行ってると嫌になる。人間の面白いところ。
大人の僕だってそうなんだから、この子供たちはなおさらです。
僕もデイケアの帰り道に、社会からの疎外感を感じます。

多様性を社会が認めないといけないよね。
それが無理なら結局はベーシックインカムやるしかないよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサードリンク