2015年11月26日木曜日

味噌がついたMiitomo(ミートモ)。何故マリオのスマホゲームが出なかったかゲーマーが真剣に考察した



任天堂スマホアプリ第1弾 Miitomo(ミートモ)が発表されました。
Miiのアバターによるコミュニケーションアプリだそうです。



ライブドアニュース様
任天堂が「Miitomo」を発表 海外メディアは厳しい論調で報じる
http://news.livedoor.com/article/detail/10773437/




まず、発売日延期は任天堂に非があるが、発表するタイミングが悪かったよね。
スマホ参入でユーザーの期待が集まる中、ゆる~い感じのソフトだったから。

ミートモをスマホ第一弾にしてしまったのが悪かったですね。

第二弾、第三弾くらいに発表すればケチがつかなかったと思います。

マリオをスマホのゲームにする場合のことを考えてみます。

スマホのユーザーインターフェースについて考えると、
十字キー、スティックが無いスマホは「マリオ」や「ゼルダ」操作体系のシステムを1から作り直さないといけない。

それは、マリオやゼルダと言えるのか?という問題がある。
もはやアクションゲームといえるものでは無くなってしまうかもしれない。
この辺は、アクションゲームの得意なカプコンがスマホで苦戦しているところでもあります。

マネタイズの問題、今、スマホで儲かっているタイトルは「ガチャ」に依存している。
クジで大量のキャラクターの中から強いキャラを当てる、
キャラクターのコレクション的な要素がないとダメだと思うので、
マリオの世界観のキャラクターをそこまで増やせるのかという問題があると思います。

頑張ってキャラを増やしたとしても、マリオの「アクションゲーム」が面白いからマリオが人気なのであって「アクションゲーム」ではなくなったスマホマリオが、ファンに支持されるとは思えません。

ガチャなしのマリオのスマホゲームも考えられますが、コンテンツ切り売り型は儲からないと言われています。

コンテンツ切り売り型のスマホマリオゲームが出たとして儲からなかった場合も結局マリオにケチがつくことになったと思います。



リアルライブ様
酷評… スマホゲーム配信延期 任天堂 DeNAの同床異夢
http://npn.co.jp/article/detail/56963680/




僕は、ミートモがとても楽しみなんです。
Miiを使ったゲームでヒットしたのは
トモダチコレクションです。

仮想空間でアバターによる生活シミュレーション。

ミートモはアバターによるコミュニケーションアプリ。
僕はマリオも大好きですが、30年前に生まれたコンテンツより、現代的でずっと今の時代に合ってると思うんです。

僕はミートモに期待しています。
だって今一番面白いコンテンツはインターネットのSNSだと思うんです。
「人間」のコミュニケーションが最強の娯楽なんだから
開発の宮本茂氏もその辺をわかってるんでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサードリンク