2015年12月6日日曜日

北野武監督のアキレスと亀を見たよ!辛気臭いストーリーだと思う



チバテレで観た「菊次郎の夏」に続き北野映画は2作観ました。
この映画は美術商の男に主人公のマチスが翻弄されていくという映画

俺も絵を描くんだけど…
周りの人にどうこう言われて描くんじゃないんだよね。
他人の評価を気にするのはカッコ悪い。

俺が良いんならそれで良いんです。楽しいから描く。
それで食っていけたら最高だけど、ほとんどの人はそうならないわけで…
趣味として楽しめばいいじゃないですか。

なんかマチスが、あまり楽しく無さそうなんだよね。
芽が出なかったのも、それが原因かな?

ストーリーがオーバーに見える、自分の子供が売春で稼いだ金を使いこむ…とか冗談だろ?とwwwww


僕が映画撮るとしたら、あー趣味がいっぱいあって楽しいゼ~ってのつくるな
今が楽しければいいんだゼ~っての撮りたいですね。
でも、マチスの描いた絵画が北野武が描いた絵と知って驚きました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサードリンク