2016年3月5日土曜日

パシフィックリム(Pacific Rim)レビュー!!日本の特撮アニメのオマージュは良いがB級ストーリー



CGはハリウッド版ゴジラに引けをとらないなって思いました。
庵野監督!シンゴジラ相当頑張らないとヤバいよ?

監督が日本びいきなのは痛いほど感じた。
でも東日本大震災に配慮したせいか、香港が舞台になりましたね。
怪獣は=kaijuになり、人間を襲ってきます。

ロボットのイェーガーに2人乗って神経をドリフトさせて接続させるのもエヴァ。

日本のロボットアニメのほとんどは「歩け」と思考するだけで歩くロボットが多かったから、パイロットの体の動きとロボットの動きが連動しているのは、パシフィックリムオリジナルと言って良いですね。

怪獣にロケットパンチするのは、あまりにもパクってて笑えます。
怪獣の部位を集めてホルマリン漬けにしている連中がいるのが面白い。

研究者のマコの声が林原めぐみ
唐突に始まるマコとのカンフーシーン。そして、いつの間にかマコはパイロットにw

主人公の白人男と日本人女。
逆の日本人男と白人女とのラブロマンスの映画は無いよね。
それだったらもう文句なしだったんですが。

ハリウッド映画で、白人とアジア人女が平等に扱われるのは評価します。
黒人が司令官とか、時代は変わりました。

ドリフトするシーンで「ウサギを追うのはよせ」これはマトリックスのオマージュですかね。

アメリカでウケなくて、中国で制作費回収したって話が泣けます。

評価はB+です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサードリンク