2016年4月2日土曜日

31歳の男オタクが少女漫画雑誌「ちゃお」と「なかよし」を真剣に比較しました。やはり「ちゃお」は内容が幼い感じがする



コンビニで何気なく売っていた、少女漫画雑誌の「ちゃお」と「なかよし」

ちゃおは、完全に小学生ターゲットというか、対象年齢は低学年だと思う。
全体的に明るいというかバカというか、あまり恋愛の暗い話が無いです。軽い感じ。

「こっちむいて!みい子」は「小学○○生」とかの学年誌の漫画に載ってそうな2頭身の絵柄。
おもらしした低学年の女の子をみい子が助けてあげる話でインパクトありました。





なかよしは、ちゃおで見られなかったファンタジー系の「かみかみかえし」最終回と「プリキュア」の2本あった。

あと興味深いのは、「さばげぶっ」がゲーセンのガンシューティング筐体を求め女子高生モモカとキモオタのレモンが旅行する話で、ある意味ビックリしました。
現役の女子小学生の感想聞きたいですね(苦笑)

印象に残ったのは、男をペットとして飼っていて、何故かタコ焼きを食わせ合うシーンがあった「黒豹と16歳」

レディコミのような絵柄。

全体的になかよしは小学校高学年をターゲットにしていると思う。全体的に、少し背伸びしている。変化球を狙っている印象を受けました。






さばげぶっ!(1) (講談社コミックスなかよし)
松本 ひで吉
講談社 (2011-06-06)
売り上げランキング: 53,175

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサードリンク