2016年5月7日土曜日

クリスタでQRコードつきオリジナル名刺をつくったよ!ユーチューバーやコスプレイヤー必携アイテム!



名刺ときいてサラリーマンが使うような、文字だけのかたい名刺を思い浮かべた方も多いと思います。

今どきのユーチューバーやコスプレイヤーは、名刺のひとつも持ってないとダメだと感じてきたんですよ。

ビジネスの商談をするような格式張った名刺ではなく、フランクなゆるいデザインの名刺の作成方法を紹介したいと思います。


パソコンが必要です

セブンイレブンのコピー機印刷で、コスパは1枚15円です(´・ω・`)


クリップスタジオペイントを使った、僕の自己流のやり方を紹介!!


もっといいやり方があるかも知れないから参考程度に読んでね。


まずQRコードをつくろう!!

QRのススメ無料版様
http://qr.quel.jp/


むずかしいことは無いと思うので解説は割愛(爆)



QRコードが出来たらクリスタを起動しよう!!

ファイル(F)>新規(N)

キャンバスタブの

解像度(R)を300ppi以上。

名刺のサイズは 91×55mmです。

高さ(H)を「55」幅(W)を「91」にします(横印刷の場合)

OKをクリック

ファイル(F)>読み込み>画像I>「開く」

好きな画像を挿入。

QRコードの挿入も同じやり方です。

左側のツールプロパティ「オブジェクト」タブの位置調整を「キャンバス」にするとキャンパスサイズに画像を合わせられます。

左端の「操作」アイコンをクリックして調整

文字を挿入する場合は「テキスト」アイコンから挿入。

僕は、庵野監督リスペクトなので「遊明朝 Demibold」の太字にしました。


実際にコンビニで印刷すると、端が見切れてしまうこともあるので、外周のはじっこに文字を入れるのはやめたほうが良さそう。

レイヤータブのレイヤーをドラッグアンドドロップして順序を変えられます。

フィルターが「通常」の場合、画像を重ねられるので、

例えば一番下のレイヤーはマリオの写真。
真ん中のレイヤーはQRコードの画像
一番上のレイヤーは文字という具合です。

一般的なデジカメなどに保存されるJPG形式の写真は不透明度のデータがありません。

PNG形式で保存すると、「不透明度」も保存出来ます。

不透明度を眼視確認するために白黒の市松模様があるようです。市松模様はプレビュー以外に出力されないんだゾ。

名刺のデザインが完成したら、

レイヤータブを右クリック「表示レイヤーを結合(V)」で、結合。

編集(E)>キャンパスサイズを変更(S)で

僕はセブンイレブンで印刷したので、高さ(H)を「89」幅(W)を「127」にします。

セブンイレブンならLサイズ(89×127mm)で名刺2枚。
その他のコンビニなら、2Lサイズ(127×178mm)で名刺3枚になります。

レイヤータブを右クリック「表示レイヤーを複製(D)」でコピー。

左端の「操作」アイコンをクリックして、名刺画像をドラッグアンドドロップで2枚(または3枚)並べるように調整。


こんな感じ。




ファイル>画像を統合して書き出し(R)

「.jpg(JPEG)」を選択。

JPEG書き出し設定は、そのまま「OK」を押します。

USBメモリにファイルを保存してコンビニへGO!!





セブンイレブンは2Lサイズがないので、2LサイズのキャンパスサイズをLサイズで印刷したらミニ名刺になりました。

しかもQRコードが小さすぎてスマホで読み込めませんでした。
QRコードは気持ち大きめにしたほうがいいです。


クリスタのキャンパスサイズをLサイズ(89×127mm)の名刺2枚分にして出力したのがこちら。





ババーン!!端が…端が切れてるがなwwwwwwwwww

でも名刺サイズより小さい分には困らないと思うので大丈夫でしょう。ハサミで切り取ります。

裏側は無地では無いので、ビジネス用途なら、ちゃんとした用紙でつくったほうが良いです。





ダイソーで名刺入れ買って来た。






フォトショップの解説は、ゲーマガ元編集長のウメさんが動画で解説してます(´・ω・`)



0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサードリンク