2016年7月19日火曜日

30代ゲーマーが最高に面白いと思ったマンガベスト10を独断と偏見で決めました!!



岡崎に捧ぐ

岡崎に捧ぐ 1 (コミックス単行本)
山本 さほ
小学館
売り上げランキング: 18,279


ハイスコアガールの女の子版って感じですね。今30歳くらいの女性が小、中学生だった頃の身の回りのネタを描いたお話。
完全なフィクションだけじゃつまらないからノンフィクションも上手く混ぜてるのが好きです。

ゲームメインではないので、ゲーマーじゃなくても共感する人はいるでしょう。

僕は幼なじみのJくんとよく遊んだ。幼稚園の砂場で遊んだり、Jくんの家でファミコンやスーファミを一緒にプレイしたり。
そして、僕は中学生になる頃に不登校になってしまった。

それ以来、会うことは無く…20歳くらいになった時にJくんの家になんとなく電話をしてみた。
用はなかったんだけど、元気かな?と思って。

そうしたら、なんか他人行儀な挨拶程度の会話をしただけで電話を切られてしまった。

それ以来10年間くらい音信不通なんです。そういう幼少の頃よく遊んだのに、今は疎遠になってしまった友人を思い出す漫画ですね。


ハイスコアガール

ハイスコアガール CONTINUE(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)
押切 蓮介
スクウェア・エニックス (2016-07-25)
売り上げランキング: 1,333



SNKというゲームメーカーのネタが多く、SNKに許可を取らなかったため、裁判を起こされてしまった不幸な作品。

90年代といえばSNK躍進の時だった。餓狼伝説スペシャルが出た時なんて、ストリートファイター2のカプコンを超えていたかも知れないってくらい日本中に格闘ゲームブーム旋風を巻き起こした。

そういう時代のゲーム少年のお話ですね。ラブコメディとしても読めるので、その微妙なさじ加減で人気なんでしょうね。

でもヒロインの大野さんが、怖いくらい全くしゃべらない。しゃべっているシーンが全く無い。
押切蓮介さんの絵のタッチも相まってちょっと怖く感じるのも良いですね。
主人公が不思議な体験をするんですが…余計怖い。ちょっと怖いくらいが好きです。僕は。

ゲームセンターめぐりとか、学生時代しましたね。30代のゲーマーに特にオススメです。



さばげぶっ




これが、少女漫画雑誌の「なかよし」に連載されてるのがポイント高い。
サバゲーとかオタク要素を貪欲にとり入れてるのが良い。

たまたま、なかよしを買った時、この主人公の少女が、オタクのからあげレモンと伝説のゲームを探し求めゲーセンめぐりをする話だったんですが。
デブのキモオタのからあげレモンと少女のペアは、ある意味すごいと思いました。

だって、美少年と一緒じゃなくて、デブのキモオタと一緒にゲーセンめぐる話なんて、なかよし読者層の少女には不評だろう。

もし、さばげぶっが「なかよし」で人気あったら、ちょっと心配になるレベル。

なかよしはオタク要素を取り入れた作品が多い。

セーラームーン、カードキャプターさくら、東京ミュウミュウとか。


こち亀




アニメはクソだけど、漫画が面白いこち亀。
アニメはどの辺がクソかと言うと、ただのギャグアニメになってしまった。

漫画のこち亀は、当時の流行トレンドなどを取り入れているので面白い。
バーコードバトラーの回や、エアマックスの回など、今でも読み返してみたくなる時がある。
完全なファンタジーはつまらないが、時事ネタは10年寝かせると面白い。

歴史的資料価値が出るとさえ思ったり。でも、全部が本当ではなく、話半分で読むべき。
例えば、韓流が流行っているんですよ~なんてウソを漫画に入れるのは秋本治にはちょちょいのちょいだからね。

それを抜きにしても面白いのは事実。
ワンピースもハンターハンターも全く面白いと思わないが、こち亀は面白いよ。
「最近のこち亀」はどうなのかね。作風は変わらないでほしい。



拳児


拳児(1) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2013-02-01)
売り上げランキング: 75,474


シェンムーの元ネタ、主人公の少年が中国に行ったりするのはシェンムーを髣髴とさせる。
リアルタイムでは読まなかったけど、シェンムーを遊んだのはリアルタイムだったので読んだら面白いですね。
おてんばなヒロインも良い。

僕はオタクだから、中国拳法も好き。
バーチャファイターのアキラの流派は八極拳。体当たりするような技が多い。
シェンムーはアキラの物語として開発されていたのは有名な話。

表紙にある少年の後ろの男の影は肘で攻撃するポーズをしています。
技の名前は「裡門頂肘(りもんちょうちゅう)」です。

シェンムーファンなら漫画を楽しめて良いですね。


アナルエンジェル

バーコードファイター (上) (fukkan.com)
小野 敏洋
復刊ドットコム (2004-12-01)
売り上げランキング: 950,554


コロコロコミック連載のバーコードファイターではなくて、続編のアナルエンジェルを読んでしまったんですが、面白いですね。
主人公の桜は男の娘。ちんこが生えていてアナルでエッチしちゃいます。
部活の先生も男の娘で、もう衝撃を受けました。

男の娘は良いですね。ふたなりの親戚みたいだけど抜けますね。BLは全然良いと思わないですが。


げんしけん

げんしけん(1) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 26,942


電車男前のオタクがまだ市民権を得ていなかった時代のオタクサークルの話。
今読むと、かなり当時と状況が変わっていて、その辺も面白いですね。

コーサカっていう金髪のイケメンゲーマーがギルティギアをやってたり。
大野さんっていう腐女子レイヤーがジャムのコスプレしたり。当時は格ゲーが相当流行ってたからTGSのコスプレも格闘ゲームのキャラが多かった。

げんしけんは男オタクがお話のメインだと思うんです。二代目からは女オタクがメインになります。
その移り変わりも、オタク社会を反映していると思います。

もっと男オタクがんばって欲しいですね。




ネットワーク戦士

ネットワーク戦士
ネットワーク戦士
posted with amazlet at 16.07.18
(2015-05-14)


これはリアルタイムじゃなかったんですが、SAOみたいにゲームの世界に入っちゃいます。
ゲームの世界に入るというのはゲーマーの夢ですからね。

インターネットの前、パソコン通信時代。
深夜のアニラジで声優さんが続きはニフティサーブの○○会議室で…って言ってたのを思い出します。

80年代にはパソコン通信すら無かったかもしれない。そういう時代に、この漫画を描くとは…矢野健太郎さんは時代を先取りしていてビックリしました。


SAOはMMOのネットワークゲームにロマンを感じていたおっさん世代の琴線に触れるんですが、
ネットワーク戦士は、そのもっと前のテレビゲーム自体にロマンを感じていた世代に向けて描いた電脳冒険モノの先駆けですね。

僕は、ドリームキャストのダイヤルアップでインターネットをしていた時があって…
電話回線でインターネットに繋いでいる時は電話が繋がらないんです。
プロバイダ指定されたアクセスポイントという電話番号があって、そこに接続するとネットゲームが出来るんです。

もちろん、3分10円かかります。

ファンタシースターオンラインは本当にビックリしました。
ドリームキャストは次世代機だったよなぁ。


暗黒神話

暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
諸星 大二郎
集英社
売り上げランキング: 3,701


知る人ぞ知る諸星大二郎先生。
少年ジャンプはこういうのを載せるべきでしょう。
オカルト伝記モノ。

ちょっとゾクゾクっとするような話が良いですね。
萌え漫画とは一線を画してますが、漫画小説のような感じ。
最後のシーンが旧劇エヴァのEOEのラストのようで必見です。

90年代にオカルト流行ったよね。僕の世代は手塚治虫さんの三つ目がとおるとか、アニメを見てました。
UFOとか宜保愛子とか、ユリ・ゲラーとか。

サザエさんスペシャルで未来人のサザエさん一家がUFOに乗って過去のサザエさんに会いに来る回があったんです。ググっても見つからなかった。
UFOに乗ったカツオがシャワーを浴びて「お風呂入らなくていいから楽~」とか言ってた。

あと、人類は宇宙人に遺伝子操作されたんじゃないかとか、真面目に考えます。
ダーヴィンの進化論とか、あれ本当だと思います?あんなに短期間に猿から人間に進化出来るようになる?
突然変異の進化の場合、自然界で大抵のケースは淘汰されちゃうんですよ。

ノアの箱舟とか、まんざらウソってわけでも無いと思う。

そういうの考えるとワクワクするんですよね。ワクワクしません?



浦安鉄筋家族

浦安鉄筋家族(1) (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店 (2013-06-07)
売り上げランキング: 93,038


ハイテンションギャグが面白い。
ブルースリーみたいな登場人物が、キムチ食え~って叫びながら通行人にビンから手づかみで出したキムチをぶつけたり。

文字でギャグを説明するとまったく面白くないけど、漫画で読むと面白いのよコレが。

以上。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサードリンク